日本

2011年04月25日

Young Micians for Japan Concert in Kinvara


 jap ad

 昨日、このコンサートを終えました。
 私はプログラムの半分を弾かせて頂きました。
 演奏参加者は、Kinvaraでトラッドを教えているMáire O'Keeffeの率いるKinvaraキッズ。
 TullaのMary MacNamaraのEast Clare Young Musicians。
 うちの学校CooleMusicの今回だけのプロジェクト・オーケストラと、Coole Music合唱団。
 さらにこのイースター中に滞在していたスウェーデンの音楽教室の子供たちErika率いるAlandia弦楽団。
 私の生徒がメンバーのロックバンド2つも参加。
 
 コンサートは盛況で、義援金も10万を超える金額が集まりました。
 
 私は恥ずかしいことにスピーチの中の「津波が逃げゆく人々を飲み込み…」辺りで、予定外にぶわ~っと涙が出てきて話せなくなってしまい、生徒も含む観衆の面前で大泣きという、人生でも上位にランクインの恥ずかしい思いをしました………「いや、君の気持ちはよーく理解しているから、大丈夫だよ。」と皆言ってくれたけど、いやいや、、、、
 …………ぁあぁ、、、私ってみっともない。


 とにかく、とても良いコンサートでした。
 アイルランド伝統音楽あり、クラシックあり、日本の音楽あり、スウェーデン伝統音楽あり、そしてロックあり!!!


 ありがとうございました。





 なんか、こそばゆいような、居にくいような、嬉しいような、慌ただしいような、、、変な気分。




 



 
 




 


yukinishioka at 20:31|PermalinkComments(2)

2011年04月03日

かぞえうた

03_kazoeuta_m

かぞえうた

作詞/作曲:桜井和寿

かぞえうた
さぁ なにをかぞえよう
なにもない くらいやみから
ひとつふたつ
もうひとつと かぞえて
こころがさがしあてたのは
あなたのうた
 
たとえるなら
ねぇ なんにたとえよう
こえもないかなしみなら
ひとつふたつ
もうひとつと わすれて
また ふりだしからはじめる
きぼうのうた
 
わらえるかい
きっと わらえるよ
べつにむりなんかしなくても
ひとりふたり
もうひとりと つられて
いつか いっしょにうたいたいな
えがおのうた

僕らは思っていた以上に
脆くて 小さくて 弱い
でも風に揺れる稲穂のように
柔らかく たくましく 強い
そう信じて
 
かぞえうた
さぁ なにをかぞえよう
こごえそうな くらいうみから
ひとつふたつ
もうひとつと かぞえて
あなたがさがしあてたのは
きぼうのうた
ひとつふたつ
もうひとつと ゆれてる
ともしびににた
きえない きぼうのうた



yukinishioka at 01:26|PermalinkComments(0)

2011年03月27日

募金ライブ in Galway

rtyyyjrth

 今回の大地震、大津波、そして原発の問題。
 あの日から毎日10回以上はニュースをチェックする日が続いています。
 こちらの日本人たちは皆そうで、人によっては最初ショックで普段から健康体な人が痙攣してしまったとか、急に涙が止まらなくなるようになったとか、そういう話を聞いています。
 所々で寄り集まって、情報を交換したり、自分たちに何が出来るかを相談し合っています。
 
 何かしていないと、落ち着かないと、私は近くのゴールウェイでまず募金運動に参加することにしました。
 その流れで発見した、ニュージーランダーのシンガーソングライターの夫婦がNZとJAPの為にファンドラインジング(募金)ライブをするとのこと。3日後に迫った話でしたが、日本人は一人もそのライブに関わっていないという話も聞き、私に何かできれば、と主催者のジョンとレイチェルにコンタクトを取りました。
 当日、2時間前に到着。その場にいたシンガーたちと、音合わせ?をしてもらって本番に臨みました。

 場所は、Monroe's Pubの2階にオープンしたばかりのMonroe's Mackstage。結構入れるハコで、本当にたくさんのお客さんが来てくれました。ミュージシャン達もいい人達ばかりで、音楽も素晴らしい。誰もが大好きな、心やさしいスタイル。
 そんな中に混ぜてもらえたこと、歓迎してもらえたこと。
 そして何より、その一分、一秒が確かに日本に伝わる力で溢れていること、気を紛らわせてないと心がぎゅうっとなって涙が溢れてきそうだった。
 小さな充実感をもらいました。

 こういう事が世界中で、今も起こってる。
 皆が、国が、世界が、日本に起こったことを悲しみ、どうしたらあなたの力になれるのか、と問い続けてる。

 そんな気持ちが大地を伝って、きっとツラい思いをしている誰かに小さな奇跡を起こすに違いない。
 だってあの力は、目に見えるかのようだったもの。

 被害に遭われ苦しんでいる人たちが、それを現場で、または間接的にも支える人達が、少しでも救われますように。
 国も育ちも、人種も宗教も違うけど、そう祈って手を差し伸べる人達が、大勢いる。間違いなく、大陸を越えたアイルランドで私はその人達に会っている。



 だから、頑張ろう、日本! 頑張れるよ!






 

 
 

 



yukinishioka at 03:43|PermalinkComments(2)

2011年01月02日

あけましておめでとう

 
 あけまして、おめでとうございます。
 今年も良い年となりますように。
 
 今、この一番伝統的なにぎやかさにあふれた時間を、家族、友人と母国で過ごせることを、幸せに思います。
 今年もアイルランドで過ごすこととなりそうですが、どこからでも皆さまのご多幸をお祈りしています。


 2011年 1月1日

                              西岡ゆき

yukinishioka at 00:17|PermalinkComments(0)

2010年12月25日

帰ったよ~!

 着いた、着いた、着いたよぉぉぉ~!

 名古屋だ~!奇跡の23日着でした~

 まずは22日深夜2時(23日)時点、宿無しの人々で埋め尽くされたダブリン空港は未だ、
 「空港へ出かける前に各空港会社へ運航予定を確認してください。確定したチケットを持たない人は、空港へは来ないこと。」を徹底して呼びかけていた。

 2枚のアイルランド初の飛行機チケットを握りながら、次の情報を待つ。
 そして、朝4:45、新情報をキャッチ!!
 
「夜通しの除雪作業員らの作業が、素晴らしい成果を出し、運航停止は朝8時に解除予定!」
 光が射した!
 と、同時にRyanAirがその日の全飛行機の運航をキャンセル。私の今回使う、同じように小さいアイルランドの航空会社、AerLingusもそうなる可能性が高い!
 
 でもダメ元でもダブリン空港へは兎に角向かうことに。
 5:45家を出て、Galwayまで運転。
 7:15のCitylinkに乗り、Dublin Airportへ。
 
 先々週、ハウスメイトのNoirinがカナダ旅行から帰ってきたばかりで、犬ぞりの写真とかを見せてくれた。バスから見えたDublin Cityの景色は、まるでそれと変わらない。雪がどーんと積もって、ネットのニュースで見てはいたけど、目で見てやっぱり、”信じられない”光景だった。
10才の子供が雪を知らない国で、いきなりこんなに降る!!??

 Dublin空港は、人と人が行き交えないほどに込んでいた。こんなん並んでたら12:30の飛行機に乗れるわけない。
 パリで会った人が言ってたけど、、英国のEdinburgh空港では11時間チケットのリブックに時間を要したらしい。。
 えー…と思ってたら、電光掲示のフライトインフォメーションボードに「Terminal2へ回れ」と指示が出た。
 
 Paris
に着けた。でも着く最後の最後まで信じなかった。
 先週土曜日、チェックインしたって飛行機はキャンセルになったもの。
 先週日曜日、多くの飛行機がLondonHeathrow空港に向かったものの、結局もとの空港へ引き返したもの。

 着いたなぁ…さて、次のSTEPはこれまた難関だ。
 ParisのCharles de Gaulle空港(CDG)から成田NRTへのチケットは翌日深夜23:20。
 パリでその日と翌日丸一日、何する?
 疲れ切った私はもうホテル取ってでも休みたかった。
 でも、アイルランドで鍛えられた”諦めの悪さ”はここでこそ使うべきだった。
 
 空港着後、フランス入国して空港を出る。そのままJALのあるTerminal2のEへ電車で向かい、JALへいっちょくせ~ん!
 「もう日本に帰りたいの 本当に満席なの? 一席も本当に空いてないの??」
 という、気持ちを半分抑えて、ダメ元で確認。ダブリンの飛行機が飛んだんだ。奇跡をもう一度。。奇跡、

 …起きた♥
 「30分後もう一度来て下さい」と言われたから、これはもうダメかも、と思った。アイルランドでは大体こんな風に待たされたら、可能性はもう大分低くなる。
 でもJALは違った。30分後戻ると、女性のJALスタッフが(フランス語を使いこなしてかっこよく♥)作業してくれた。
 寒波が襲いかかっていたCDGも当然パニック中。
 ぱぱぱぱぱぱぱぱっと仕事をなさっていたが、それがとーてーも手際よく、
 話を聞いていた限り4,5つの問題をこなしていたと思う。
 
 となりのエアフランスのお兄ちゃんはそんな彼女を見て、凄過ぎて笑える、という感じだった。
 ちょっとムカ。

 そのまま、パスポートコントロールへ。出国!!!!
 

 もう嬉しくて、嬉しくて。
 日本に着く。日本に着く!!

 
 成田~
 やっぱりスーツケースは私と一緒に成田へ着かなかった。
 でもいいの、そんな事。80%そうなると思っていたし。
 名古屋へもその日のうちい到着。

 予定ではCDGで一泊、成田で一泊、そして25日の朝名古屋着予定だったのに、
 空港泊は無いまま、ストレートアウェイで名古屋へ。
 太田川駅で迎えに来てくれていた母を見たとき、思わず走ってしまいました。
 抱きつこうとしたら、隣から上の甥が飛び出してきたのでそっちをハグしました。 
 
 帰国。
 こんなに遅れたけど、着いた喜びの方が大きい。
 ただいま~!!!





yukinishioka at 01:15|PermalinkComments(7)