2016年07月

2016年07月29日

7/28

明日から39週。今日は産院でした。朝から璃和をおばーちゃんの所へ預け、アールと2人、またも一応入院バッグも持って行ってきました。

ナースに会い、まずは尿検査異常なし。その後に会ったドクターは前回、巨大児を信じてくれなかったギリシャ人ドクターでした。
簡単な挨拶や血圧を測った後、帝王切開の可能性、それとも促進剤を使って出産か、自然分娩を望めるのかについての話が始まりました。

帝王切開はいつでも起こり得ることで、自然分娩だろうが促進剤だろうが、異常が出れば緊急帝王切開になります、と。確かにそりゃそうだわな、なんて思っているとアールが横でドクターに説明してくれた。
赤ちゃんが大き過ぎると疑われていて、そのサイズゆえに最初から帝王切開を予定するかもしれないと言われている、と。

先ずは診てみましょう。ということで、ついに触診。グリグリというやつです。子宮口の様子をチェック、卵膜を剥がし刺激を与える(陣痛を促す効果がある)。
璃和の時はこれが辛かった。泣いた。今回も心地悪さに泣いてしまいました。_| ̄|○
なんと子宮口がすでに4㎝開いてるとのこと。もう2回くらい陣痛を経験してるんじゃない?と言われた。確かに36週に一度、つい2日前にまた5分間隔の激しい前駆陣痛が続いた夜がありました!
前回子宮口がガッチガチで困ったので、何だかそれを聞いて安心しました。

お腹の上からの触診。
「ほら、ここに頭があってここがお尻でしょ。両サイドは結構羊水だけの部分がある。巨大児とは思えないなぁ…。」
この後の超音波検査でも羊水のたまってる場所を上下左右に確認でき、
「普通、巨大児だとお腹の中は赤ちゃんでいっぱいになっちゃうんだよ。でも君の赤ちゃんは違う。」とドクター。

そういう訳で、触診のあと、
私が自然分娩を望んでいること、
母体の準備(子宮口)はできていること、
などから今日(木曜日)今すぐではなく、来週水曜日に促進剤使って産むことに決定。それまでに自然に陣痛が来れば自然分娩を試みます。


アールはてっきりこのまま入院、促進剤、出産だと思ったみたいでちょっと落胆?してたかな?
私は慌ただしくなるのが回避出来たし、自然分娩にトライ出来るし、何もなかろうが水曜日には促進剤だし、満足して帰ってきました。
というのも…!

今日、日本から父母、甥2人がやってくるのだ!!

初めてのフライト、国外。英語も話せない。緊張はすごいものだろう。
私も完全に緊張してたから、リムリックの駅でピックアップ出来たときには胸を撫で下ろしたわー…


皆さん、非常に!よくできました。







yukinishioka at 10:35|PermalinkComments(0)

2016年07月26日

両親来愛 x 分娩のコラボ⁈

38週4日目の8amです。
またも4時近くまで眠れず、それから3時間ほど眠れました。でも1時間前からまた目が覚めちゃってる。
…赤ちゃんのお世話に耐える為の準備を体がしているんだと読んだけど、一体どれだけ寝ない子が生まれるのやら…あわわわわ…

ところで昨日の夜はまた前駆陣痛ありました。5分間隔から始まり、10分間隔に。気付いたときには去ってた。最初のが長く痛んで、まるでイキめば楽になりそうな圧迫+痛みだったので、あら⁈何かいつもと違う。ついに来たか? と思ったけど、ふぅ…違ったのよねぇ。


ここ最近毎朝、オムツからオシッコ漏れだして濡れちゃってる、璃和。まだ6時だったのでオムツだけ新しいの履かせて包んでやったら、気持ちいのか気に入ったみたい。ニコニコとじーっとしてました。


でも実は今この朝、また張ったり緩んだりを繰り返してる。横になってるからかちょっと気持ち悪くもあるし、トイレに行きたいようなお腹が冷えたようなピリッとした痛みもある。

このまま陣痛に繋がっていったりして。

明後日、両親が甥2人連れて初めてアイルランドへ来てくれる。飛行機旅行がほぼ初めてという彼らをフルサポートしたいのに、分娩中はさすがに無理だぜ⁈
…ほら、また前駆陣痛だ。ぎゅ〜んて来とる来とる。お腹の赤ちゃんも動いとるわぁ〜。あれ、今回は骨盤のトップが痛いわ。
なーんて書いてる内に去ってった〜

うわぁ〜…もしかすると、日本家族の到着 x 分娩のドンピシャ、きそうだなぁ。



あぅ〜また前駆陣痛来たかも〜





yukinishioka at 15:59|PermalinkComments(0)

2016年07月25日

まだ

まだ出てこーん
3日もすれば両親と甥2人が、ついに日本からやってくる。
ここまで来たら、予定日に生まれたらいいんでない?と思えてきたよ。もちろん赤ちゃん次第なんだけども。

お掃除やら璃和と遊んだりで結構動いてるつもり。

夜寝れないのが、最近さらにヒドい。今だって3:30amだし…
あと、お腹すいたな。……ってこれ、久々だな。食への興味が全く湧かない妊娠生活だったのに。
あと、今日は遂に10キロ+を体重計で確認してしまった。38週3日。


yukinishioka at 11:23|PermalinkComments(0)

2016年07月20日

まだかな

37週生産期に入ってしまった。36週が病院何度も行ったり、前駆陣痛&おしるし(間違い)などイベント満載で、こりゃ来るぞ〜と喜んでいたので、37週に入ってしまい、金土曜のギグもとんとんと出来てしまってあれれれれ???と拍子抜け。
37週直前の診察で診てくれたのは初めてお会いした先生(アイリッシュじゃなかったなー)で、巨大児って言われてるんですって伝えたら、エコーは信じられないとこあるから〜って全然相手にしてもらえず、次回の産院外来は2週間後(39週)と言われ、巨大児の恐れがあるって言ってるのにマジ⁉︎と思いつつも、まぁ先生が言うんだし、と予約とって帰ってきた。

明後日で38週だけど、今になって思う。もしも本当に巨大児だったら…今週待った分だけ育っちゃうよねぇ?帝王切開の可能性が上がり、自然分娩の可能性が下がっちゃうよねぇ。
しかも、もし次の受診日前に陣痛来たら、痛みで苦しみながらもエコーして、あぁ、デカすぎるわってなって、はい、緊急帝王切開にしまーす、とかもあり得るわけでしょ。

それって苦しみ損じゃない?


出来るなら、私は自然分娩したい!赤ちゃん普通に産みたいよ。帝王切開になるならなるで仕方ないし、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれればそれで万々歳だけどね。




前駆陣痛、ほとんど毎日あるけど1日5回くらい。下にした頭をグイグイ押してくるのも毎日頑張ってる。あんまりしゃっくりしなくなったかな。呼吸の練習らしいのに、サボってて大丈夫〜?

璃和の時と違って、今回はエネルギーもあるし、重くて大変ってこともあんまり感じないし、とても心地よい妊娠後期だと思う。

昨日は、アイルランドで初だったのではないかとみんなが言う、31度の夏日だった。正直バテた。1日コロっと31度になって、今日からまた20度弱の曇り日。昨日ほどアイルランドの曇り雨を恋しく思ったことはなかった。

来週は日本から家族が来る。その間に夏日が数日あっても良いな〜…何て。言うのはタダだから〜♬






yukinishioka at 16:37|PermalinkComments(0)

2016年07月12日

妊娠36週4日。臨月一週目。

さて、2人目を妊娠してもう早くも最後の10ヶ月目、つまり臨月を過ごしています。
今回はここまで来るのに璃和のときよりも時間がぐんっと早く過ぎていったのですが、これが経産婦の余裕というものなのか。余裕出しすぎて甘い物も食べたいときに食べていたこの妊娠生活。アルコールは完全にストップ、コーラも辞めてカフェイン摂取は抑えていましたが、カップケーキの上手な作り方を発見するに至るくらいには甘いものへの抑制はかけないまま、楽しく過ごしました。
前回のような低血圧&低血糖も起こらず、妊娠後期に入り、お腹が前回の最大サイズを超えてみるみる膨らんでいってもエネルギーに溢れた妊婦の私。快調、快調といい気分。

そして31週。2回目の超音波の日を迎えました。
(アイルランドでは出産費用は無料。国がまかなってくれます。13週と31週あたりの2回のみの超音波検査が含まれます。でも私達はプライベートで21週のときに超音波検査を受けに行ったので(費用70e)、実際は赤ちゃんを超音波で見るのはこれが3回目でした。)

アールと2人で、赤ちゃんのお顔が見れるね〜♡とルンルンで出掛けたその日。
結果は期待していたものとは全く違いました。
まず赤ちゃんが横向き。逆子じゃないけど、私の体をクロスして、横向いてる。そして、体が異常に大きいとのこと。平均体重の表から余裕で飛び抜けておるそう。立派に育ってるんだな〜とちょっと喜んだのもつかの間、本来その日は超音波だけ受けてそのまま帰れるはずだったのに、「急な胎児の成長は妊娠糖尿病の疑いも出てくるので、今日はこの後Dr.に会っていってください」と言われ、急に不安が襲ってくる。待合室に通され待つこと数時間。もちろんその間にアールも私も携帯で妊娠糖尿病を調べまくる。
やばい…。ネットに怖いこといっぱい出てました。2人してちーん。と沈んでゆきました。
翌週頭に血液検査をすることになり、その日は帰宅。

血液検査。前夜から絶食、よく朝ハイカロリーの栄養ドリンクを飲んだあと1時間ごとに採血を3回繰り返すというもの。検査に異常があれば病院から連絡が行くといわれ、その週は毎日気が気じゃなかったです。
結局、検査はネガティブ。ただの巨大児でした。(ただの巨大児…) 母体の糖尿病による呼吸器系の障害、将来糖尿病になる可能性などの心配はないということ。でも、大きいので産道につっかえる可能性があることと、実際頭を下向きでなく横へ向けてるので、このままだと帝王切開になるだろうね、とナースもDr.も考えてました。

木曜日: 帝王切開でなきゃならんのなら仕方ない、切ってくれぃ。と考えながら過ごす数週間が過ぎ、臨月になりました。
赤ちゃんが急に下に向けてグリグリ押すようになりました。おぉ、きたきた♪ その夜は前駆陣痛らしきものが続き、寝れませんでした。
璃和のときは促進剤で出産を強行したので、陣痛もおしるしも破水も人工的でよく実感しないまま終わってしまいました。だからこの前駆陣痛には、ドキドキ!痛くないから本陣痛じゃないだろうと落ち着いていた私。1人、布団の中でまたきた〜!とはしゃいでました。(怪しい)
金曜日ー土曜日: 赤ちゃんが急に動かなくなる。この夜朝まで赤ちゃんが動かず、翌朝6:30に病院へ連絡。すぐ来るように言われ急行。心音確認できたときにはものすごく、ものすごく安心しました。しばらくやっぱり動かず、不安な空気。でもそのあとビスケットもらって食べたら一回動いた。2枚目でもう一回、3枚目ではトントントンと立て続けに動いてくれました。はぁ〜〜〜ひやひやした。翌週の木曜に超音波することになっていましたが、「それを待たずに月曜に来てください。Dr.と計画出産について話し合うかもしれないし、その日から入院になる可能性もあります。」と言われ、帰宅。
月曜日: 超音波。赤ちゃんが定位置に居ることが判明!やった〜 自然分娩できる可能性が上がった。♬しかしやっぱりデカい。8パウンド(3600g)。でも!今回のデカさは許容範囲内。平均体重の表から飛び抜けてはおらず、背の順だと100人中95番目になるとのこと。ふぅ、よかった。糖尿病疑われてから甘い物辞めたのが効いたのかな…3600って自分が38週で母から生まれた時より既に重いけど、巨大児=4キロ越えを恐れていたので、この結果には一安心させられた。
火曜日つまり今日。: 4:30に破水か?と思うようなモレあり。6:30に起き上がったときにもまた…。破水きた!と確信しました。病院へ連絡すると、「シャワー浴びて朝ごはんしっかり食べてから来てね〜」と言われ、破水したかもしんないのにシャワー浴びていいの??と聞き返すと、全然大丈夫。と一言。オッケーと言われたとおりにしてから病院へ向かいました。
NSTして赤ちゃんがまた元気に動き出した事を確認して、一安心。ナースが言うには赤ちゃんはかなり下まで降りてきておるらしい。「これだけ降りてきてれば産むのもきっと長くかからないでしょうね。よかったわね。」と嬉しい一言いただきました。
1時間半待ってDr.に会え、羊水だったかどうかのテストをしてもらったところネガティブ。え⁉︎めっちゃ確信してたのに… じゃ、あれはなんだったの??    お騒がせしました…と帰路につく私。
夕方には、おしるしと思われる茶色のおりものを確認!(でもこれって今日、羊水だったかどうかのテストしたからじゃない?) 

さぁて、ここに来て急に毎日何かがあって騒がしくしていますよ!!






yukinishioka at 18:52|PermalinkComments(0)