2014年05月

2014年05月16日

あっぷっぷ 続き、タイから日本へ

2014-04-13-16-03-22
Banyan Treeつづき

2014-04-13-16-04-01

2014-04-13-19-00-03

2014-04-13-21-53-22
偶然タイのお正月でした。街へ繰り出し、マーケットを見に行きました。お正月の恒例として、結構若者を中心に水鉄砲を持ってて、水をかけまくる&かけまくる。縁起がいいんだって。Earlは私が妊娠してるので、かけられてお腹が冷えたりしたら大変、とずっと周りに目を光らせてくれていました。水道水から作られてるであろうカキ氷なので、私は食べられず、残念。

ところでこのお兄さん、Phat Thaiってタイの焼うどんみたいなのを作ってたんだけど、すごい手際良かったー

2014-04-13-22-30-46

2014-04-16-09-50-07
ここから日本。Earl初めての新幹線!
2014-04-16-10-45-32

2014-04-16-14-27-29
シンガポールからサブリナと、その彼でEarlの親友アイリッシュのトムと京都で合流。天気が涼しく晴れてたせいか、二人に会えて高ぶっていた成果、私は丸一日がんがん歩けました。清水寺から祇園へ!

2014-04-16-15-47-47

2014-04-16-15-51-17

2014-04-16-16-29-57

2014-04-16-17-09-50

2014-04-16-17-53-37

2014-04-17-10-49-09

2014-04-17-12-16-27

2014-04-17-12-35-42

2014-04-20-14-32-19

2014-04-20-15-46-02

2014-04-21-16-09-21

2014-05-16-19-53-25

2014-04-22-08-40-17

2014-05-16-19-52-55





yukinishioka at 19:33|PermalinkComments(4)

あっぷっぷ 超音波 & タイ旅行

2014-03-07-00-22-53

2014-04-03-18-08-18

2014-04-06-19-59-54

2014-04-06-20-23-04

2014-04-06-20-37-02

2014-04-06-20-39-47

2014-04-06-23-24-00

2014-04-07-20-40-26

2014-04-07-20-46-58

2014-04-07-20-49-39

2014-04-07-22-38-50

2014-04-07-23-25-40

2014-04-09-16-47-50

2014-04-09-16-49-12

2014-04-09-13-51-33

2014-04-10-15-53-50
ここから二つ目のホテル、Banyan Tree, Phuket

2014-04-10-17-03-13

2014-04-10-17-03-44

2014-04-11-18-01-31

2014-04-11-18-25-50

2014-04-12-19-31-19

2014-04-12-22-33-35

2014-04-13-12-28-59



yukinishioka at 19:18|PermalinkComments(0) 

妊婦生活 17週なう

今年の2月、アイルランドは豪雨、洪水、そして台風、と3つの天災に続け様に襲われました。中でも最後の台風は、歴史的に異常な威力を持っていました。何十歳、何百歳という30mを超える大きな大木でさえ軒並み倒され、道路が次々に閉鎖。私の教える小学校の子供達はそれをみて恐怖から「このままみんな死んじゃうんだ」と思ったそうです。

アイルランド中大パニック。そんな夜、私とEarlは一つの事実を知りました。

妊娠。

分かった直後、二人で無言…。外の轟音はもはや聞こえず、口をぽかんと開けたまま呆然と、事実の意味を理解しようと黙ってしまいました。

生理が3日遅れていただけでテストを試したのは、もしかしたら妊娠してるかもよ?という「期待」を拭うため。そう、私は妊娠に積極的で、その日が来るのを楽しみにしていたんです。Earlも来年の9月頃には家族作りだと、それまでに何度も二人会議をしました。
それでも、妊娠しているという事実はショッキングだったのです。

30分間、二人ともソファの両サイドで無言。私の手が震えてて、Earlが手を握ってくれたものの、その手はまるで何処かで拾ってきた恋人とでも題された彫刻みたい。

11:30pm。
Earlがすくっと立ち上がり、「Simon(2番目のお兄さん)の所へ行ってくる!」
「でも、この状況でユキを一人にしてはおけない、でも僕は今、兄さん夫婦に会わなくちゃ…」

確かに、私も母と日本語で思い切り話したかったのもあるけれど、それより私は自分自身すでに肝が座ったような、精神的な強さをなぜか感じていたので、Earlに一人でお兄さんとこへ行くように勧めました。

母との電話は意外と短く終わりました。伝えると、「えっ!?妊娠した!❤︎」と喜んでくれたのを覚えてるけど、後は何を話したんだったかな。

電話の後、また一人で考え込んでいたら、家の電話にEarlから連絡が。ユキもこっちにおいでとのことでした。夜の12時。お兄さんはいつも午後4時からお仕事なので夫婦揃って夜型。でも0時に訪問するなんてやっぱり、と気が引けたものの、Earlがすでそっちにいたし、緊急事態ということでお兄さんの親切心にあやかることにしました。

到着と同時に「おめでとう!」と祝福してもらいました。あぁ、そうか。こういうことなのか、と新たに納得。Earlも大分落ち着いたようでした。

事実に慣れるのに2、3日かかりましたが、みるみるそれは楽しみに変わっていきました。今では四六時中赤ちゃんの話題。父母になるプレッシャーは、赤ちゃんのことを考えれば考える程落ち着いていきました。

6週。初めての超音波。大豆サイズの赤ちゃんは小さな影でしかなかったけれど、それでもとても早い心拍をこの目で確認出ました。
自分でもそんなに嬉しいのか、と驚いたのですが、小さな生命をこの目で見た時、私はほとんど叫んでしまいました。涙が溢れそうになるほど、感激しました。

10週。3月にまた超音波。赤ちゃんはかなり大きくなって、その時はイチゴサイズ。形がより人間っぽくなって、心臓はやっぱり私の2倍くらいの速さで動いてました。

13週。4月にはEarl二人で初めての海外旅行ということで、タイ&日本へ。日本でも産婦人科へ行きました。先生から素晴らしく的確な説明と回答をいただきました。さらに超音波画像から高性能な4D DVDを作っていただきました。

赤ちゃんはとっても順調!骨がしっかりしてきて、背骨や指の骨が一つ一つはっきり見えました❤︎すごい!

先生「性別知りたい?」
私 「ぜひ!」
先生 「男の子っぽいね。間違ってたらごめんね」

男の子!かも!
Earlも私もどっちでもと思っていたので、とにかく性別がだいたい分かってハッピー。私は名前考えるのがちょっと楽になるなとか思いました。

Earlはサッカー選手育成計画に火がついたようで、最近はサッカー番組を前以上によく見るようになりました。

私は男の子ならやっぱチェロかな、とか。


今は妊娠17週。つわり的なだるさや眩暈、頭痛などはまだ日常的なものの、16週になって庭をいじれるくらいに力が湧いてきました。このエネルギー、久しぶり。
水を未だかつてない量毎日飲みます。
最初の頃、吐き気があり、一度だけ戻しそうになりました。
朝が辛い時期が最初2週間くらいあって、それ以降は5時ごろからだるくなるように。
休みの日は丸一日しっかり寝て、夜もまたしっかり寝る。寝ても寝てもまだ寝られる。
お腹も4ヶ月目あたりから大きくなり始めました。5ヶ月に入りさらなる勢いで膨らみ中。同時に一度にたくさん食べられなくなりました。17週現時点、服にもよるけれど妊娠は明らか。学校でも聞かれるようになりました。


そんなお腹で今週末、来週末と続けてロンドン。来週は一年総仕上げのテストです。忙しいママでごめんよ。あと数週間で夏休み休暇に入るので、そしたら赤ちゃんとたっぷり時間がとれるので楽しみです。仕事で疲れてるだろうにお掃除にお料理にたくさんサポートしてくれるEarlにも休んでもらえそう。


お腹がどんどん大きくなるのが嬉しい。背中側にも膨らんでいるのか、背中の曲線が消えた。

自分の体が妊娠できる女性という体であることは知っていたけど、実際それが起こって今、私はその手際?に心から驚いている。
卵子やホルモン、骨や何やら全てが、まるで30年ぐらいこの日を待ちわびて日々秘密の特訓をしてきたかのように完璧なアンサンブルで、次々に事を進めている。骨盤は拡がってゆく、出産のその日まで。おっぱいはミルクが出るようになる。(本当にそんなことがこの先起こるというのだから、全くミラクルだ!) いつの間にやら私の脳味噌は赤ちゃんのことで満杯だ。

妊娠ってすごい。
人間が生まれるってすごい。
自分の身体で起こってることなのに、とてもじゃない、そのメカニズムの奇跡にはかなわない。













yukinishioka at 16:50|PermalinkComments(6)健康 | 生活