2009年12月

2009年12月28日

クリスマス in アイルランド!(加筆しました)

 鐘09'クリスマスを振り返ってみようと思います!クラッカーハート
 24日、25日と近所の聖堂でクリスマス・ミサがありました。
 去年のクリスマス、仕事の合間に時間をもらって聴きに行ったミサ。
 来年はきっと一緒に弾かせてもらおうリボンと誓ったそれです!ラブ
  
 その前日は、また熱を出してしまいました。
 病み上がりのくせに、分かってるくせに、ゴールウェイに遊びにいって、朝までしゃべくって、帰ってそのまま-8度雪のエニスを歩きまわったら…
 高熱が出ちゃいました温泉友人に「ユキはいつも病気」と言われた矢先のことでした。落ち込み
 今回のはお仕事じゃないから、休むことも出来たはずなんだけど、
 夜9時。やっぱり行きました。
 スケートリンクのように完全に凍った歩行者の道は危ないから、車も人も居ないし、車道の真ん中を歩いて行きました。
 (アンドリューが心配して車出そうとしてくれたんだけど、なんと車が凍っちゃってドア開かない、開いてもハンドルが回らない、と散々だったようです。しかも、やさしい親切がその後、彼を苦しめることに。。。)
 
 聖堂へ着いたら、誰も居ませんでした。 イエ~イ!アイリッシュタイム~!!ZZZ
 ちらりちらりと、人が増えてく中、
 親切なエイミーちゃん服と知り合い、リハスタート。
 この前のオケもそうだったけど、ここではプロオケでも3/1位の方がリハに遅れてみえます。
 不思議!ウインクキラキラ

 ロフトっていうの、正面入口入ったその上にある半1階みたいなところで
 聖歌隊と小さいオケみたいなものは演奏しました。
 下に拡がるゴージャスな聖壇と何列も何列もある席に、人がいっぱい集まり出したところから弾いていきました。

 熱出てたのと、コンミスみたいなのをやらせて頂いたのとで、写真を撮っている余裕がなかったのが本当に残念。ハート割れ
 
 でも、隣でエイミーちゃんが指揮者がこそこそっと言ったこととか丁寧に教えてくれたから、演奏は本当に楽しめました。
 毎週日曜日やっている皆さんの中で暗黙の了解みたいなのがあって、
 この曲はこっからカットしてここに飛ぶ、とか、ロケット
 この曲は最後ここから1オクターブ上がる、とか、ジェットコースタ
 ここは実はD.Sでこっちに飛ぶ、とか、走る
 ここは繰り返しって書いてあるけど、しない、でもこっちは3回繰り返し、とか。大波
 リハで教えてもらうことのなかったそんな予測不能なトリックに毎度引っかかりながら、まるで障害物ミッションのようなクリスマス・ミサ。
 ん~~ 年末恒例の醍醐味になりそうです。笑顔ハイビスカス

 25日。熱も微熱に下がりお昼のミサの演奏もしてきました。
 やっとの思いで車を動かしてミサに駆けつけてくれたアンドリュー。
 演奏は、ペットとオルガンが大きすぎてバイオリンはさっぱり聞こえなかったそうです。そんなことだろうと思って、フルで弾きならしたんだけど…ザンネン。汗
 エ~ニウェイ!
 今度はアンドリューがお熱さんに!!!すいません
 
 でも今夜はアニータのおうちへクリスマスディナー。
 ワインを持って伺いました。グラス

[ここから加筆]
 アンドリューとお母さんと、アニータ家族と息子さんトミーの彼女さんと。
 皆がそれぞれにワインを持ってきていて、机はワインだらけ!
 その中で、皆でアイリッシュ伝統のクリスマスお料理をいただきました♪
 もちろんその後は、ミニギグ。
 アニータのコンサーティーナと、トニーのボックス、私はフィドルで。
 暖炉のぬくもりで包まれる小さな空間。他の人はソファに身をゆだねて。
 ん~ これだよね!!!!

 7時頃にお暇してからは、アンドリューと映画みながらのんびり過ごしました。(25日はどんなお店も営業が法律で禁止されているので、当然パブにも行けない。ちぇ。)
 

 翌日は昼ごろに起きて、アンドリューとワルツにハモリを付けてみよう!ってことで、
 キッチンであーだ、こーだ言いながら、3つのハモリ旋律を作りました。
 その夜はフィークルのPeppersでギグを頂いていたので、そこでさっそく弾いてみるつもりで書いていたのに…
 3曲目作ってる最中に突然、電話。
 横で聞いてるだけで分かりましたとも。
 Peppersのオーナーさんからで「店が暇すぎるから今夜はキャンセル」。困った
 ちぇ。
 
 でも、その晩のメアリー宅ディナーをゆっくりと楽しめたのでいっか♪
 メアリーの旦那さまのケビンが作ってくれたそのディナー、とーってもおいしかったハート
 メアリー一家とマクナマラ一家+なぜか私で、食卓を囲みました。
 隣でアンドリューが「おなかいっぱいなんだよね…」と言いながら除けたハムを、じゃぁと頂いたら、しばらくして…
 「あれ!僕のハムがなくなってる!」
 そんなこと言うから、「ちゃんと見てるわよ、ユキ」とか皆に言われてしまった。汗あはは
 
 ワインもごくごく頂きました。すっかり酔っ払ったところで、
 メアリーとアニータに、その晩の仮装ギグに誘われ、Peppersもなくなってしまったし、仮装に興味があったので、参加させてもらうことに!
 お熱のアンドリューはおうちへ帰りました。(隣のドア)
 

 私はアニータにウィッグを借りて、以下のように。
1c64919f.jpg

 ウィッグの中に蝶タイが隠れてて、それも使わせてもらいました。
 一体、何するのかな~とイマイチギグの内容が分かってなかったので、とりあえずターコイズカラーのバスローブ(ソファの背にかかってるやつ)を上から羽織って、楽器を持ってタラの村を皆どこ行っちゃったのか探しました。
(メアリーのお宅へ戻ったらもう皆出かけちゃったあとなんだもの!)
 計4台のファミリーワゴンでぎゅうぎゅう詰めになって、さぁ出発!
 ボルラッティに着き、わらわらと車から出てくる仮装したタラのミュージシャンたち。
 そのまま、とりあえず目の前のとあるパブに乗り込みます。
 で、いきなりその立ったまま演奏開始!
 弾いてみて、はぃ納得。
 ゲリラ演奏をして、そこでそこのお客さんたちから小銭を頂いて回るのです。
 その集めたお金は、キョールタス(正確な発音が未だにわからない)というアイリッシュ伝統音楽の保護団体みたいな所に寄付されます。
 ボルラッティ、キルキシェン、シックスマイルズブリッジとか、合計で6つくらいの村へ行きました。
 仮装って初めてだったし、皆で弾いて回るというのは村に残る古い伝統だそうで、参加できて光栄なことでした。
 それに、かなり楽しかったハート

f01d44de.jpg
村のPubを練り歩く、楽器を持って仮装したカルト集団。宇宙人

874f266c.jpg
こんな感じ。いくつかのPubはすでにGigしてて、それに乱入といった感じ。

50d288a1.jpg
シックスマイルズブリッジの池に居たカモとアヒル。カモもアヒルも白鳥くらいでかい。隣でケビンが「おいしそうだね~あの子たち…料理」だって笑い

74c20bd2.jpg
アメリっぽく撮ってってお願いしたのに…これじゃまるっきり怪しい人だよー!困った




 本日、27日。
 帰ってきたらキッチンが鳥の羽根まみれ
 うちの猫のバンジョーも、クリスマス・チキンを狩ってお祝いしたようです。プレゼント汗






at 03:08|PermalinkComments(0)パブギグ | パーティ!

2009年12月24日

あっぷっぷ Yukiのクリスマスホリデー

 先週の土曜日はBodykeというところでGig音符をさせてもらってきました。
 初めての村、初めてのPubでわくわく♪
 入ってみたらすっかりクリスマスデコレートリボンされていて、ミュージシャンシートに座ってみたらちょうど目の前にそのメインツリー木が!!

 が…でかっショック
550a501e.jpg
★の先は天井にぐっさり刺さってます。ダッシュお陰でGig中、何度もこれみて一人で笑ってました。笑い


 日曜日、Pepper'sでのGigがキャンセルダメになってしまったので(道路の状態のせいでツアー客の団体がこれなくなってPubががらんがらんなため。)、Tullaのシニアセッションにお邪魔したあと、アンドリューのもう一人のお姉さん、アニータ作のコメディ劇を見に行きました。
b5251454.jpg

e2631b29.jpg



 その夜、なんとアイルランドなのに雪雪が降りました。
 アンドリューが若いお姉さんバラと話してばっかりでぜんぜんパイントジョッキを飲みきらないので、彼は置いて、ウインク
 凍った上り坂道路を、メアリーと一緒に滑らないように気をつけながら帰りました。



 そのあくる朝!なーんと外をみたら、
 銀世界!!キラキラ
6918c4dd.jpg

73d39079.jpg
アンドリューとメアリーの車は、うちのお仏壇の神様みたいに。温泉

fcf29504.jpg
霧が出てしまってもくもくもくもく。雲

cfd8ca5d.jpg
でもすぐに晴れてこんな景色に。キラキラ

 昨日はゴールウェイに遊びに行ってきました。街はクリスマスショッピングで人であふれてました。
 私もそんな中に混ざって、肩たたきグッズを求め、店を渡り歩きました。でも残念、私の求めるアレ丸秘は見つかりませんでした。アイルランドには無いみたい。悲しい
 (私も名前が分からないのだけど…こう、持ち手のところから20cmくらいバネが伸びていてその先にゴム製のボールがくっ付いてる、肩たたき器。)
 
 火曜の夜はセットダンスも踊れるGigがあると聞き、Monroesへ行ってきました。月
(Tigh CoiliやTaaffes,Crane、あの辺りのPubは全部見て回ったけど、MonroesとTigh Coiliしかトラッドはやってなかった。ハート割れどのPubもお客さんでごった返してたのにな~)
 日本人のお友達が居て、さらに5人くらい新しい日本人の皆さんとお友達になれました。バニー皆さん、トラッド音楽に興味があるとのことで、何だか余計に嬉しくなって、結局朝の4時まで話しまくってしまいました。日の出

 今日帰ってきて、その足でSamとお茶しに。
 極寒のアウトテラスでチャイラテをぐびぐび飲んでると、マーティンオブライアンが「ハッピークリスマース鐘クラッカー」と陽気に声をかけてくれました。
 ヒロコさん合流のあとはOld Grand Hotelのソファールームでホットウィスキーを頂きました。シアワセ花

 はふぅ…今夜はのんびり楽器で遊んで寝ようと思います。温泉





 2009のクリスマスホリデー、なかなかよろしおますーハート 





 

at 06:52|PermalinkComments(0)パブギグ | あっぷっぷ

2009年12月18日

みっけ!

 昨晩、ついにちゃんと眠れましたクラッカー
 ここ最近夜になると私の咳は大興奮し始め、眠れない夜(←new!!私の辞書には今までなかった言葉)がつづいていたのですが、
 昨晩ようやっと。

 今朝はお陰さまでスッキリめ。
 外は快晴。霜が降りててしんっと凍った景色。
 でも、せっかく調子がいいので、いっぱい着込んでお買いものに出かけちゃいました。
 (歩いて5分のスーパーまでなんですけど。)
 
 そこで見つけたこのお品!!!
 最近、日本食コーナーが出来たという噂を聞いてはいたので、そこを見に行ったら…
 その隣のドライフルーツのコーナーになぜかこれは混ざって陳列されてました。

 じゃじゃーん!
1142f781.jpg


 これぞ日本のおかき。
 Seaweed Peanut Crackersというお名前です。
 つまり「海苔ぴー」ですキラキラ
 
1f15e2ef.jpg
 お値段は2.27euroだったかな。
 そんなに高くなくて、うれしぃドキドキ大
 
 嬉しいついでに、ケーキも焼きました。ラブ

 今夜はタラでメアリーのギグ!!月




at 22:19|PermalinkComments(0)お食事♥ 

2009年12月17日

X'mas Concert

 うちの音楽教室のートクラッカーです。
 4日間にわたって行われてます。
 
 昨日で私の生徒は全員出演し終わったので、実質私はこれでクリスマス休暇へ突入です。鐘

 月曜はジョリーと、エラとイヴァ。火曜はカリム、昨日はヤンとジェームスが出演しました。
 (残念だったけど、ジミーと、グレースは今回棄権することに。)
 
 月曜はカメラを持っていき忘れて、悔しい思いをした困ったので、昨日はちゃんと充電もして持参しました。笑い
 そこでの写真がこちら。

2213025a.jpg
キラキラこれはアンサンブルクラスの演奏。その名も”クレッシェンド”

f686a1d6.jpg
ジェームスとヤン。やっぱり自分の生徒の写真はたくさん撮ってしまいます。ドキドキ小

1e504316.jpg
ホテルのパーティールームを一室借り切ってのコンサート。一番後ろには簡単なドリンクグラスが用意されています。


 これに出演するための会費などはまったく無料です。
 すべてが秋冬、春夏の前・後期のあたまに払うレッスン代に含まれています。
 ホールで弾くのとはやっぱり緊張感や達成感など得られるもの量は負けてしまうと思うけど、アットホームなこの雰囲気もとても魅力的でした。拍手
 
 イレギュラーな催しもたくさんあります。(オーケストラキャンプやら、保護者との面談やらパンダ)全部が新しいから、先生たちのお手伝いしようにも、いつも何したらいいのかてんやわんや。
 しかも、アイルランドと日本の教育方針の違いについていけないところも。(基本的にすごい甘い。アイス
 だからって私の教室だけ厳しくするわけにもいかないので、何だか自分でいい仕事してない感がぬぐえない時も…汗


 なんだかんだと、この前期を終えて、一応基本的な部分には慣れました。
 来年からの後期は、もっともっと計画的に生徒たちを育ててあげたいと思います。月



at 22:10|PermalinkComments(0)音楽教室 

2009年12月16日

Blog


 いつか来るのか、と思っていたけど、今日来た。
 昔書いたBlogの記事を読む時が。 

 自分のすること全てが新しい。誰も私を知らない、ゴールウェイの街。
 頼れる人はいないんだ、自分で全部ちゃんとするしかないんだ、と不安と気合いでピンと張ってた。
 すごく新鮮。ぜんぶ新鮮。息をしてるだけで成長できる。

 初めてバスキングにトライしたときの、あの1セント。
 懐かしい、そうそう、そうだった。
 すごく大事に思えたんだったなー、小指の爪くらいの小さな銅貨。
 
 自分の音楽が何かを探しに来た。
 楽しめる音楽、生きていることに感謝する音楽。

 1月13日で2年が経つ。
 新鮮だったものが、すっかりあたりまえのものになっている。
 やりたいことが出来る環境を手に入れて、わーいわーい♪と喜んでいたのに、
 今は当然のようにそれを傍に抱えて、目線がふわふわ定まらないまま、
 ありがたい宝物へのケアを怠っている気がする。



 …クリエイションが停まっているのかな。
 そういえば、曲も全然書いてないな。
 確かに吸収はしてるのに、発信がない。
 これでは日本と一緒だ。


 忙しくなったのもいけない。
 貯金に精を出したら、考える時間がなくなってしまった。
 (暇すぎるくらいが一番良いみたいだ。)

 

 ここの国民性分かってきて、その生き抜き方を聞いたときは、うぇっと思った。
 食事はつまらないし、色んな意味で品質が悪い。
 でも、伝統音楽がある。
 人もフレンドリーで陽気だ。

 あの時の1セントは、そういった全てを象徴していたんだなぁ、と思う。

 

 引き出しを作るんだっけ。
 

 屋久島で会いにいった縄文杉は、雑多な種の木々に寄生されて生きてた。
 2年前小さな苗だった私のは、今まだ小さいくせに、色んなのがすでに寄生してる。
 元の種が分からなくなるくらい寄生種が大きくなってしまっては、結局根っこから全部だめになる。













at 23:56|PermalinkComments(0)その他