2009年11月

2009年11月20日

Ennis 水没

 バイトはお店が暇すぎて21時上がりでした。
 アンドリューとブローガンズへ行く約束だったのに、電話で彼曰く、
 「エニスへの道が完全に水没してしまって、今夜は行けそうもない。」

 川が氾濫したとか、しないとか。
 一番深いところで3フィートあるとか。(1m位…!!!んなバカな!)

 仕方なしに、バイトから直帰することに。
 前の日記にも書いたように、朝はひどかったけど、
 18時にバイトへ向かってきたときにはぜんぜん平気だったので、ふんふ~ん音符てな感じで歩いていたら、
 また湖!!!

 大聖堂周辺が湖に!
 ちょうど入口寸前で迫る水がストップしている状態。(神様のチカラ?キラキラ
 私はその向こうの道へ行きたいのよー!!と傍のお兄さんに聞いたら、あっちの柵は乾いてて、抜けられるよ、と、迂回方法を教えてもらいました。

 その道の逆サイドには、お店が並んでいるのだけど、全店完全に浸水。
 みなさん、入口から水が入ってくるのを、砂の入ったいくつもの大きな袋で防ごうとしているのだけど、効果あるのかな、あれ。
  
 人々が見物している風景も、
 普段車がいっぱい停まってる道が、完全に水没している風景も、
 つま先立ちで、急流に逆らって道路を横切る自分自身にも、
 すべてが笑えてきました。
 思わずその風景を携帯のカメラで撮ってしまったほどです。携帯


 これもすべて、アイルランドの地質のせいなのかな。
 岩で出来てる島なので、水は全然大地に浸透してゆかないのです。

 しかし、これは大事件だ!!!
 いつもは平和なEnnisに、なんと自然災害!
 クレアチャンピオン(ローカル新聞)の一大記事になるんだろうなぁ。







at 07:16|PermalinkComments(0)生活 

2009年11月19日

エニス浸水。私の苦手分野


 誰にだってあるものですよね、苦手な分野って。
  
 
 今日は私の住む町エニスが、雨に浸かってしまいました。
 連日続く雨のせいで、街中の道路が川に!
 ちょっと言い過ぎかな… 改めて、湖に!! 
 
 今朝は学校へ行く時。
 最後の角を曲がって、学校を100M前方にとらえた瞬間、
 川が!(また)
 どうやって学校へ行けばいいの???
 短い長靴(日本から持参)を履いていたにもかかわらず、結局その高さが足りずに水が入ってきてしまいました。
 10Mも歩かぬ内に、昔豊田に住んでいたころを思い出しました。
 雨降る中を歩きながら、黄色の長靴に溜まった水をがっぽがっぽと、わざと音を立てて学校から帰りました。なつかしー。
 
 語学学校から帰る頃には、ついに道がコーンで塞がれてしまい、ところどころ歩行者道路は完全に浸水しているため、車道をあるいて帰りました。
 
 帰り道、食材をちょちょっと買ってかえりました。
 いつも私のお買いものは液体系が多い。ミルク、洗剤、パスタソースなど。
 おうちに帰って、さぁご飯だ!と思って棚を開けたら、お好み焼き粉が切れとる!
 小麦粉でもいんだけど、おいしさ半減。
 仕方なしに、そこで目に入ったチヂミ粉を使うことに。チヂミってどんなんだっけ、と思いながら、鰹節や桜エビを投入。
 さぁ、ネギを!と思ったら、買ってきたはずのネギがない!帰り道、どっかに落としてきたらしい。

 仕方ないから、お肉を炒めて、おらー!っとネギなしの混ぜたものを鉄板へ。
 
 変なのが出来た。チヂミ粉はお好み焼き粉の代わりにならないんだね。
 袋の裏に書いてあったチヂミのタレをその通りに作って、食べるのに使ってみたけど、ん~変な味。ではいっそ、と思ってお好み焼きソースとマヨネーズで食べたみたけど、ますます変な味。


 実は、同時進行で、フルーツケーキを焼いていました。
 生地をまぜまぜしてる時にドライフルーツを入れるの忘れたから、オーブンへ入れる直前に、直にそのフルーツをぱらぱらと上にふっておきました。
 そろそろいいかな、と出してみたら、
 膨らんだケーキの上に、大きな黒豆さんがいっぱい!!
 
 あれ?? 黒豆なんて入れたっけ…。
 


 元フルーツを全部取られたケーキは、現在、棚の中でコールドダウンしています。

  
 ところで、私の「チヂのみ焼き」は、もったいなから食べるんだけど、食べながら自分の将来に不安を感じました。

 私はきっと健康を損なって死ぬ!


 
 

at 23:59|PermalinkComments(2)生活 

2009年11月18日

お友達を、と思ったらしっぽ喰われた

 
 うちのトトに友達はいないのか?

 今日、偶然きれいなグッピーに出会ったので、
 じゃぁ、と一緒にしてやったら…

 
 出会ってほんの数時間で、
 グッピーしっぽ喰われとる!困ったVS
 

 黄金の体に黒のチータのような模様のグッピー。
 
 かわいそうに、しっぽが一部喰われて、陳腐な姿になってしまった。
 とりあえず、慌てて2匹を引き離しました。

 ぅぅぅ…

 しっぽってもう生えてこないかなぁ。
 悟空みたいにさ。




 
 

at 05:46|PermalinkComments(3)生活 

2009年11月14日

教会で弾いてきました。 あと、ハープ来た!!!

 いわゆる結婚式での演奏です。
 教会をマネして作ってみました、とか
 神父様をマネして外国人が式を執り行ってみました、とか
 ではないので(笑)、さすが素敵な感じです。
(日本でやってたホテルにくっついてるチャペルとかの式と比べるとどうしても。)
 
 式の進行や、その場その場のだいたいかかる時間など、日本と全然ちがうから、ちっともわからないので、ホストのフルーティストに付いて従って弾いてきました。
 タイミングさえ分かれば、あとは日本と同じ。
 音楽の切り方とか、伸ばし方とか、盛り上げ方とか…
(ぁ、盛り上げはあんまりいらないかもしれない。)
 
 お勉強になりました。^^
 
 私はほとんどメロディではなく、飾りを任されました。
 ちゃんと、よいお仕事をしたよ!
 ギャラもちゃんと頂けたし、満足満足。もっとこういうお仕事が増えるといいな~。


 さて、次はバイトです。のんびり来てくれれば良い、とのマネージャーからのお達しを受けて、本当にのんびり向かおうと思います。
 昨日、胃潰瘍になっちゃったしね。無理しない。

 ところでーーーー!!!!

 今日一緒に、ハーピストと弾いたのね。
 彼女に今ハープ探してるんだ、って言ったら、500で私の譲ろうか?って言ってくれた!(2500で元は買ったって言ってたかな?)
 とりあえず今週1週間借りて弾きまくって、来週返します。
 
 やったぁやったぁ♪


 ちょっと今からさらってみようと思います。弾き方わからんけど。笑




 



 
 



 
 
 

at 02:21|PermalinkComments(0)他ギグ 

2009年11月13日

Ennis Trad & 胃潰瘍


 終わりました。 Ennis Trad。。。。
 去年は最後のコンサートだけ行って、良くも分からず終わってしまった、
 Ennisが一年で一番盛り上がる5日間。
 初日の木曜から最終日の月曜まで、毎晩朝5時近くまで騒いで、飲んで、楽しみました。
 これでもかっこれでもかっってくらい、楽しみました。笑

 金曜日はバイトのあと、Pub周りをした。どこのPubにでも音楽があった。それぞれキャラが違うから、Pubめぐりは面白い。
 バイトしてる間にお客さんとしてきた友人からリフトをもらうことが出来たので、町はずれのアーバンロッジ・ホテルへ「At The Racket」コンサートを聴きに行きました。(11:30開始のはずが01:00開始でした。笑 そんなだろうと、私足りが到着したのも00:30。)
 サックスが入ったカルテット。良いと言われるバンドはどこもいいギタリストを抱えているなぁ。
 そのあとは、アンドリューと合流。コーマックに誘われて、一緒にホテルのPubで勝手にGig開始。一つのPubの中で3つ、「同時多発Gig」になってました。
 
 4時半にPubから追い出されて(Pubがもう閉めたくなると、大きなデブいおじさんが数人やってきて、大声で出てけ、だか帰れ、だか叫びだす。)帰宅。
 
 翌日は昼に起きて、バイト。またちょっとPubめぐりをして、その日はテンプルゲート・ホテルから出てるシャトルバスを使って、アーバンロッジへ。
 Lunasaのコンサート、これが一番楽しみにしていたイベント!
 
 一言で言って、素晴らしかった。あらゆる可能性を楽しんでる感じ。アイルランドで実際に起こっている伝統音楽の動きの中の一つの方向として、こういう成り方があるということは、わくわくしてくる発見でした。
 見て聴いていて、自分がMum弦楽四重奏団で弾いていたときのことを思い出しました。毎日皆で考えて、練習して、挑戦して、その先に幸運にも感じることが出来たあの感じ。Mum…懐かしい。ちょっとさみしい。

 そのあとはTrad Dicoをチェック。ナイトクラブちっくなんだけど音楽が全部トラッドなの、と色んな人から説明を受けていたけど、イマイチ意味がよくわかってなかったのだけど、初めてのぞいてみて、なるほど納得。その通りでした。私も踊りたかったけど、実は翌日はアンドリューの新しい試みを多くの人たちの前で発表する日。その時のためにずっとアンドリューは試行錯誤しながら用意してきました。なので、Trad Discoは来年楽しむことにして、そのままTullaへタクシーで向かいました。面白いおじいちゃん運転手さんに当たって格安で送ってもらえました。
 朝の4時半、着。

 
 昼まで寝て。
 日曜日。またバイトへ行って、これが意外に忙しかった。
 終わったのが10時。急いでオールドグランド・ホテルへ。
 フランキー・ギャビン(フィドル)と、トニー・マクマホン(アコーディオン)という二大ミュージシャンの共演でした。
 始まったのが結局11:30とかだったんだっけ?とにかく何でも始まるのは遅い。笑
 前座でムーニー兄弟が演奏していました。
 上のお兄ちゃんはよく知ってるブライン、しかし彼にこんなすごい13歳フィドルの弟がいるなんて知らなかった!
 すんごいの。むっちゃくちゃ上手いの!小さいけど、しっかりスタイルもって弾いてるの。たまげました。しかも誰からもレッスン受けたことないんだって。私も子供がいたら、あんな子に育てるのに。あはは。なんちって。
 
 トニーは、アンドリューのお母さんアイサの弟さん。
 アンドリューはすごくトニーを尊敬している。
 マクナマラ家は、アイサも、メアリーも、アニータも、ケビンもソラカも、ポードリックもそしてアンドリューも全員そろって、トニーを囲んでいました。そして、その端っこに何故か日本人の私が立っているという不思議な光景。笑
 トニーを紹介してもらったら、彼は「君は日本人?昔日本を音楽のツアーで回ったことがあるよ。ある晩僕は興奮して寝られなかったんだ、何故かってその日素晴らしい三味線の音色を聴いたからさ。」と、日本を褒めてもらいました。
 トニーは2曲スロー・エアを弾いてくれました。
 その人の人生を詰め込んだような深い熱い音楽に私は、泣きかけてしまいました。

 二人のコンサートが終わって、アンドリューの新作Gigが始まりました。
 古い本当に良い音楽をDiscoの場に提供するという彼の試みは成功でした。
 次々にBluesや、Waltz、SkaやAmerican Country、時々アイリッシュ・トラッドも。次々に流れてくる質の高い良い音楽。良い音楽で人が踊れないわけがないというのが、アンドリューの見解です。彼らしいでしょ。笑
 年齢層が高くても楽しめるDisco、と思いました。若い人たちにはナイトクラブがちゃんとあるし、これは必要ないかもしれない。私みたいなのはこのDiscoの方が好きです。音楽がしっかり聞こえるし、質も流れも良いし、無駄な内臓を刺激する打撃音?もない。
 
 何でも新しい何かをの世間に提供するということは、本当にすごいことだと思う。たくさんの人が、楽しそうに踊っているのをアンドリューは、本当に嬉しそうに見ていた。
 翌日もやってくれ、との依頼があった。クリスマスは、ブローガンズの2階でやりましょう!なんて話も。本当によかった。本当に良かった。


 
 翌日の朝、偶然オールドグランドでトニーに再会して、そしたらトニーは「ユキ、君の音楽を結局聴けなかったことがとても残念なんだ。アンドリューがあんなに褒めていたのだから、聴いておくべきだったよ。」なーんて素敵なお世辞を頂いて、またね!とお別れしてアンドリューの車へ向かったら、アンドリューは「え、彼、そこにいたの??」とかって急いで会いに向かっちゃって、また再会。笑
 こんなに素敵なアコーディオンおじいちゃま、またぜひエニスへ弾きに来てほしいものです。


 月曜日。疲労が体に出てきました。熱が…
 無視してゴートへ教えに。こういう時に限って雨。寒いよう~濡れるよう~。
 帰ってきて、コンサートへ再びGo。
 その後のアンドリューのDiscoも楽しんで、楽しんで、、、、と思ったら、 
 めまいが~。朝4時半くらい?
 
 火曜日はしっかり休んだのに、関節が痛くなってゆくばかり。
 水曜もだるくて起き上がれない。どういうこっちゃ!
 これはちょっとおかしい、と思ったら、
 今朝、胃が痛くて早朝から眠りながらもがいていたら、案の定、起き上がれませんでした。
 ガスター10が一錠だけ残っているのを知っていたから、這って探しだし、ご飯を一口食べに行き、飲みました。
 
 10分後。
 すっきり。ふぅー。

 いつもながらこの効き目にはビビるね。
 でも効き目が切れてゆく、しくしく感も知っている。
 Help Me!!!の暗号をアンドリュー様に送らせてもらいました。
 
 Zantacというおクスリがやってきました。
 胸やけに聞くお薬です。と書いてあるけど、胃潰瘍にも効くらしい。
 今、飲んで3時間後。うん、実際効いてる。
 こうして、アイルランド産の品々にも親しみを持ってゆくのね…


 ともあれ!明日の結婚式の演奏の用意しなくっちゃ!
 
 日本のお寿司が食べたい! 
 ママの魚のあんかけがたべたい!
 ママのお味噌汁が飲みたい!
 みぃのパスタが食べたい!

 日本の紅葉が見たい!



 That's all。
  
 

 
 



at 00:22|PermalinkComments(2)パブギグ | 健康