2008年10月

2008年10月30日

自分の音楽

 
 最近、3つのJigを作曲した。
 実はこの結果は、自分の大好きな曲をアイリッシュ調に編曲して、Pubで弾こうというもくろみから生まれたものだったのだが、出来上がってみたらぜんぜん元の曲と変わってしまったので、作曲したってことにしちゃおうと思う。

 自分では大満足のこの3曲。
 皆に聴いてもらいたいけど、ここへのUPの仕方がわからない。誰か、教えて。


 最近、MikeのBoxに出会ってしまったせいか、耳が単にこえてきたせいか、数あるGigの中で思わず楽しんでしまうのとか、あえて楽もうと努力しちゃったりするのとか、それぞれの色んな特徴、自分なりの感想を持つようになってきた。楽しめないGigへ行ってしまったときは、帰り道とぼとぼと帰ってくる。
 そんな自分が嫌だ。もっとその演奏者の良いところを見つけられるようになりたい。楽しめるか否かは、もちろん演奏者の良し悪しもあるだろうけど、聴く側、参加する側の気持ちの持ちようも大きいはずだ。
 しかし、ダメ。なかなか上手くいかない。その日のプレーヤー、特にリードするレギュラーのプレーヤーがつまんなそうだったり、仕事ちっくに演奏してたりすると、自分から一歩が踏み出せなくなる。つまり、気持ちが引いちゃう。

 そんなことでちょっと最近はしょんぼりしていた。早く木曜になってMikeのGigへ行って元気になりたいと思っていた。
 
 バイトが9時に終わって、さぁ帰ろうと外に出てみたら、案外寒くない。ここ最近急に冷えてきたから、覚悟してたんだけど、今日は比較的暖かい。そんなことも私の気持ちを助けた。Mollony'sへ行ってみようかな、と思ったの。向かう足を、自分でも不思議に思った。しょんぼりしてたくせに、結局またPubへ向かってる。

 へんてこなGigに当たったらマズいと思って、入り口付近でお店のポスターを見てるフリをしながら、中の演奏に耳をすます。(楽器しょってる人が、一度中へ入ったのに演奏しないで出て行くのっていかにも…でしょ。)いいギターとボックスが聴こえてきた。知らない曲だけど、私の好きな感じ。かっこいい。
 そうして、ケイティというギタリストと、なんとかいう(失礼!)フィドラーとキーラン(Box)に出会った。ケイティとフィドラーはオージーで来週も弾くがその後は国に帰ってしまうらしい。キーランはアイリッシュ。なんと、ハウスメイトのショーンと同郷で、住んでるとこも我等宅のすぐ傍!お~なんか縁を感じるねー。
 3人の演奏はとても良かった。曲が本当にどれもカッコいい。ケイティのGrのお陰でもあるけど、すんごい大らかで爽やかなの。

 途中でトニーというじぃさんがやってきた。相当酔っ払ってたし、さらに変なじぃさんと一緒に現れたから、この人大丈夫かしら、と思ったけど、ご希望に応えて私のフィドルを貸したら、なんと…!
 めくるめくカラフルなフィドルを弾くではありませんか!何てイキなフィドラーなの!どんなTuneでも知ってるし、自分でどんどんリードしちゃって、それは楽しそうに気持ち良さそうに弾くんだ。じぃさんなのにかなりモダンな音を使うんだよ。

 見つけた!!と思った。

 トニー、最後に手にキスをくれたのはいいけど、つばが気になったよ。
 私は、まさにあなたのようなフィドラーになりたいんだ。トニーのようなばぁさんになりたい。


 
 今、私自分のやりたいスタイルに悩んでいるようだ。
 Patさんのような素朴な温かいフィドルが弾きたい。
 John CartyやJohn McEvoyのような確実でアレンジのクールな演奏が出来るようになりたい。(実は、演奏はイマイチ好きくない。今の私にはアカデミックに偏りすぎているように見える)
 Mikeのような、人をのせるリーダーになりたい。
 Lizのように、一音一音に愛のある音楽に仕上げたい。
 

 両極端どころか、みんな全く別の良さなんだよな。
 いっぺんに目指せるのかな、可能だろうな。
 しかし、それがすごく頭使うことのような気がして、最近は無駄に使いまくってるような気がする。

 


 あぁ~~~ 要はさー、ぅん。
 ぅん。分かってるんだけどさー。
 
 

at 11:01|PermalinkComments(0)

3つのJigを”作曲”しました

 その曲を録音したから、ぜひココにUPしたいんだけど、
 その方法がわからん~!

 そのファイルはMP3になっております。
 誰かUPの仕方教えて~!




 

at 01:43|PermalinkComments(0)

2008年10月25日

フルーツケーキが焼けました


 お雑炊やお好み焼き、お味噌汁を作ったり、出前一丁が手に入ったりして、
 卵を毎日1個以上使う日が続いていたので、
 その勢いで先々週ぐらいに、12個入りの卵を買った。

 そしたら、運悪く急に卵ブームが去り(私の中で)、
 9個も残ったまま卵達は今日、ついに賞味期限デーを迎えてしまいました。


 一気に卵を使うには、色々方法はあるけど、
 オムライスとか、そういういかにも卵ちっくなのは、食べたくない。
 ということで、お得意のスポンジケーキ作りに取り掛かりました。
 
 久しぶりだし、計りが無いから計量適当だし、
 ラム酒もアーモンドパウダーもないから、
 上手くいくのかちょいと不安だったけど、
 これがなんと、想像以上に上手くできました。

 次に、もっと卵使っちゃおう!と、
 倍の分量でもっと大きなのを作りました。
 
 
 いやぁ、作りすぎた。
 バイト先に持ってく分取ってもまだいっぱい余っとる。
 
 
 
 そうそう、今日はそういえば、
 フィッシュボーンっていうヘアアレンジにも挑戦したりして、
 今日の私、えらい可愛い髪形してるんだよ。

 今日は久しぶりにお菓子も作ったし、おしゃれにチャレンジしたり、珍しく女の子な日になった。
 たまにはいいよね、こういう日。




 
 

at 00:33|PermalinkComments(0)

2008年10月22日

君をのせて


 この曲の題名、英語でなんていうのかショーンが調べたの。

 「 With You on My Back 」

 大笑!!ちっが~う!そういう意味じゃないよ~!!!
 ね、おもしろくない?おもしろくない??? 
 しかもこれ、直訳したらこんな陳腐な名前になっちゃうのね。あはは




 ※ちなみに、ショーンが調べたというそのサイトを見てみたら、それは違う曲だった。日本曲名は「君を乗せて」で同じタイトルなんだけど、歌詞や作詞家、作曲家がまるっと違った。どうもラピュタの「君を乗せて」は英語でも「Kimi Wo Nosete」のようだょ。
 


 数日前、日本のアニメーションの代表として、「天空の城ラピュタ」をショーンに観てもらおうと思って、一緒に観よう!と誘った。
 彼はすぐに飽きてきてしまったみたいで、パソコンいじり始めて、とりあえずラピュタが出てくるところまでは全く画面を見なかった。名作なのにねぇ。
 しかし、これはしょうがなぃよね。興味が無いのに無理させて観てもらうよりはいい。

 一番最初のオープニングで流れたインストの「君を乗せて」を是非教えて!と言ってくれたので、もちろん教えてあげた。日本の曲を好きと言ってもらえるのは、とても嬉しい。

 本当に好きみたいで、毎日その為の練習時間を設けて、アコーディオンとフィドルで一緒に弾いている。もうほぼ覚えたみたい!(早!)近々パブでも一緒に弾けるかもネ☆
 今日は一緒にJigのセットを一つ覚えたし(Liz&Yvonne Kane姉妹の2ndCD No.1 Jigs)、次回のGigが楽しみだ♪


 
 

at 11:34|PermalinkComments(0)

2008年10月16日

アイルランドの紅葉


 アイルランドは年中緑色の植物が多いので、
 日本の美しい紅葉の季節を懐かしんでいたけど、
 
 ありましたキラキラ
 すごく鮮やかな色の変化に、見れば見るほど心が吸い込まれていきました。
 
65ef02aa.jpg




3a96c7ec.jpg




1975838a.jpg




fa5953af.jpg



 きれいでしょう。

at 00:38|PermalinkComments(0)